So-net無料ブログ作成

懐かしい音楽 やっぱり今でも好きだった

スポンサードリンク




年末も近づき、自宅の部屋の整理整頓でもしようと久しぶりに大がかりに動き出しました。

そこで、いつも時間が掛かってしまうものが本と音楽関係の整理です。毎回、「今年は思い切って見ない聴かないものは処分してしまえ!」と気合を入れるのですが、例えば本なんかは読み始めてしまい、「あーこれは捨てられない。やっぱり記念にとっておこう」とか、「あー、あの頃古本屋で買ったんだよな。いつか読もうと思って10年経っちゃった・・」みたいな。  結局処分は出来ません。

そして音楽関係。レコード、カセットテープ、CD、ビデオなどが大量にあるのです。中には何の音源なのか分からなくなってしまっているものがあり、何だったっけと音を出してみます。

すると、「あー、これか!懐かしい。あのころはハマってたよなー」とか言ってシミジミ聴き入ってしまいます。ジャンルやミュージシャンなどを確認し、インデックスなどをきちんとメモして整理しようとするために最初のさわりだけ聴こうと思ったのが、結局最後まで聴いてしまいます。
「これの次のアルバムが最高傑作なんだよな。えーっと確か持ってるな。どこだったっけ・・」と探してそれを次に聴き始めてしまう。。。

そんな感じで、結局朝から始めても夕方になっても全然整理が進まずに、途中でその日は終わってしまうのです。 だいたいこのパターンです。毎年。


僕は二十歳前後の頃は読んでいる本に印象に残る文章、せりふなどがあると赤ペンや蛍光ペンで線を引く習慣があったのです。それをこういう時に久しぶりに見ると・・「うわ、当時の自分はこんなことに感動していたんだ。」「なんでこんな所に線引いてるんだろう?バカだったのかな?」とか、思うわけです。

本についてはおおかた、「今改めて読み返したい」と思うものはほとんどありません。あくまでもあのころの「記念に」みたいな感じです。捨てられないんですよね~。(まだ読んでいなくてそのままずっと持ちっぱなしという本が多いのだけど)

ということで僕が持っている本は汚い書き込みがあるのでとてもリサイクルに出せるものではありません。



一方、音楽ですが、これはほとんどが「今聴いても大好き」。古臭さも感じないし、年月が経ち時代が変わっても好きなものは変わらない。

一時的に流行って(自分の中で)忘れ去った音楽もありましたが、残っているレコード類にはそういう物はありません。

そういう時に思うのです。「あー、今でも好きだってことは自分はホントに好きだったんだなー」と。

「もうあのジャンルは卒業して、今はこれ」みたいな言い方ありますけど、僕にはそれがありません。歳を重ねて二十歳前後の頃よりかはジャンルは広がりましたが、当時好きだったジャンルは今でも全く変わらずに同じ気持ちで盛り上がれます。

会社の仕事に追われ、忙しさにかまけて普段はめったに聴かなくなってしまっていましたが、あらためて聴くとやっぱり好きなんです。 主にハードロック関係なんですけどね。ホコリをかぶっていたエレキギターを引っ張り出してきて弾きはじめてしまいます。(あー、指が動かなくなってる)

歳なんか関係ない!と思いますね。

年末の大掃除の時にはいつもこういうことを思い起こさせてくれます。



















スポンサードリンク




共通テーマ:音楽
Copyright © 日々雑感 All Rights Reserved.

Designed by af5

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。