So-net無料ブログ作成
- | 2013年11月 |2013年12月 ブログトップ

ジャパンカップについて思うこと

競馬の話です。僕は競馬が大好きです。

僕が競馬を一言で言い表すとすると、「唯一泣けるギャンブル」、、ですかね。(一言ではなかった) 勝ち負けじゃないところに感動があるんですよ。(もちろん掛けた馬が勝てば最高ですが)

リアルタイムで毎週のように見るようになったのは、タマモクロス、イナリワン、サッカーボーイにオグリキャップあたりが現役だったころです!すみません、興味ない人には全くわかりませんよね。昭和63年頃だったと思います。

競馬には国が管轄する中央競馬(JRA)と地方自治体が運営する公営競馬と2種類あるのですが、僕が主に見るのは中央競馬(JRA)の方です。毎週土日に開催されてテレビ中継もされているので見たことある方も多いのではないかと思います。

ジャパンカップとは、日本で開催される国際レースのうち一番グレードの高い(「G1」といいます)レースで、毎年海外の強豪馬が参戦して日本馬とデッドヒートを演じて長年盛り上がってきた大きなレースの一つです。

ところが、ここ最近は(強い)外国馬の参戦が少なくなり、今一つ盛り上がりに欠けるという状態になっていました。

「凱旋門賞(フランスの世界的にも有名な権威のある大きなレース)に勝ったあの馬が日本にやってくる!日本馬とどんなレースをしてくれるんだろう・・ドキドキワクワクッ!」みたいなことがなくなってしまったわけです。

理由は地理的に日本は欧米からは距離が遠く、馬に負担をかけやすいことや、欧米の競馬シーズンのローテーションとジャパンカップの時期が合わないことなどがありました。(ほかにもありますが)

かつてジャパンカップが創設された頃は競馬の本場である欧米に比べて日本馬はレベルがまだ低かったため欧米の強い馬に「追いつき追い越せ」が日本競馬の目標・夢でした。実際当時は欧米の馬に日本馬は敵いませんでした。

でも近年日本馬のレベルはもう欧米のそれと遜色ないくらいに強くなり、むしろ地の利がある日本では日本馬のほうが強いのではと感じるようになってますし、実際ここ最近は圧倒的に日本馬が優勝、または上位を占めているのです。
正直、もう創設から10年目くらいまでのワクワクドキドキ感は全くなくなってしまったといっても過言ではありません。(今年で31回目)

マスコミが一生懸命盛り上げようとはしますが、なんかさみしい感じなんですよね。昔みたいに「いやがおうにも」盛り上がるってことがないんですよね。

日本馬のレベルアップを図るという創設当初の趣旨の一部は達成されてきたこともあり、レース自体も見直す
時期が来ているのかなと思います。(今年も予想通り日本馬が勝ちました)

時代はこうやって移り変わってゆくんですね。。

コメント(0) 
共通テーマ:競馬

【ふなっしー】の素朴な疑問

近年「ゆるきゃら」が流行っているみたいです。正直興味ないのでなんとも思うところはなかったのですが、ふとテレビを見ると何度も見かけた「ふなっしー」。自然と印象づいてしまいました。テレビの力はスゴイですね。

お世辞にもあんまりかわいくもない。声も最初きいたときなんか変な声、可愛くない。パフォーマンスも独特でどちらかというと「引かれちゃう」感じだったでしょう。
今じゃつられて「・・・ナッシー!」なんて裏声で喋ってしまった自分がいました。 ハズカシイ。

そこでいろいろと疑問がわいてきました。

①船橋市のアピールのために誕生したんだろうけど、非公認とのこと。いったい誰が発起人でどうやってテレビに出られるようになったのか?

②あれだけテレビに出ているということはギャラも発生していると思うけど誰がマネージメントしているのか?まさか中身の本人が全て一人でやっているわけでもなかろうに。

③身長が成人男性にしては非常に低いが、中の人はどういう体勢で中から操縦(?)しているのか?

④まさか、テレビ局まであの恰好のまま局入りしてそのまま帰るわけでもあるまいし、着ぐるみを運搬して当日現場で着替えていると思われるが、そうすると一緒の出演者やスタッフなどは中の人とは顔出しで話をしているのか?それをトップシークレットとして全ての関わった人にお願いしているのか?(中の人の流出画像とかありますか?)

⑤あの身体能力はなかなかのもの。実は中身はかなりの有名人なのではないか?

⑥もともとふなっしーサイドも近い将来のエックスデーとして正体を明かす日を既に計画しているのではないか?

⑦これだけ船橋市を有名にして、でも非公認。船橋市とは金銭的なやり取りは一切ないのか?

⑧あのシャベリ声はマイクで他の人が喋っているようにテレビを通すと聞こえるが、横にいる共演者は着ぐるみの中から(中の人が)喋り声が聞こえているのか?

⑨だいぶ衣装(?)が汚れてきたと思うが、クリーニングはどうしているのか?

・・・キリがないですが、ネット検索など何もしないままつぶやきましたので中には判明していることもあるかとは思われます。

でももし一個人がほんとにあそこまでやり通せたのだとしたら(しかも隠し通しながら)、中の人 すごい!たいしたもんだ!

できれば、ある時忽然と姿を消して、数年後に全く違う分野で世に出てきて(芸能界かな)その時に「実はふなっしーの中身は僕でした!」と、告白して世間をあっと言わせて欲しい
・・・・・・と思ったりしているのは僕だけでしょう。。

・・でも梨と言えば船橋市より隣の松戸市だと思うんだけどな~、、、、。(今あまり聞かないけど「20世紀」という梨は松戸市が発祥の地です。20世紀が丘という住所もありますね。)
コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

地震について

地震といって何を思うかと言えば、何といっても東北の震災が思い出されます。

あの時どこにいて何をしていましたか?僕は仕事の外出中で神奈川県藤沢市内の江ノ電の踏切待ちの時でした。車が飛び跳ねそうなくらい揺れたのを憶えています。

もう3年近くか経過したんですね。人は月日が経つと色々なことを忘れてしまいます。もうあのような地震・津波はもしかしたら生きている間には来ないかもしれないけれど(いや明日にでもくるかもしれないけれど)、あの時の経験で何を思ったか、もう一度思い返してみようと思います。

一番感じたことは、自分にとって、自分の人生にとって大切なものは何かということを考えさせられる機会になったということでしょうか。人はイザって時に本音・本心が出ると思います。また、その人の今まで生きてきたそのものが出る、、というか。

人間だれもが死にたくありません。究極の選択を迫られるような場面に人生で直面してしまったときに自分はどのような行動をとるのか?今は冷静に考えられますが、それも「たぶんこうするだろう」というとこまでしか言えません。それは、「そうしたい」という自分の願望、希望的観測があるため、やっぱり直面しないと実際はわからないというのがホントのところですね。

こんなこと普段は話さないし考えませんよ。でも、そうですね、年に1回くらいは身近な家族(夫婦・親子・兄弟)や恋人、友人関係と話題として話してみてもいいのではないでしょうか。人間、言葉に出すと、または人に話すことによって自分の考え方を整理出来たり再確認出来たりしますからね。

一番大切にしたい人やものは何なのか?そのために今何をやりたいのか、やるべきか。どうやってこれからの残された人生を生きていこうと思うか。
普段忙しさにかまけて忘れがちになっていたことをあらためて思い返す機会になったと思います。

東北の方々の一日も早い復興を願っています。


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

プロボクシング亀田選手について

プロボクシングの亀田3兄弟のことがよく話題に出てますが、どちらかというとバッシング記事のほうが多いように思います。それには二つ理由があると思います。

まず一つは「態度や言動が生意気だから」、そしてもう一つが亀田3兄弟の試合運びが「守りの試合が多くて見ていて面白くないから」だと思います。

プロ選手というのはどの分野でも厳しい世界ですよね。野球、相撲、サッカー、将棋、競馬、etc・・。試合や競技を見てもらってお金をもらうわけなので、ファンあっての世界です。ファンがいなくなったらお金が稼げなくなってしまうのですからやはりファンサービスは必要になってきます。

サービスというか、、例えば格闘技で言えば多少愛想が無くともとてつもなく強い選手はそれだけで注目されるので、真剣に極限のパワーで戦ってくれるのがファンサービスになっていると思います。下手なパフォーマンスは要りません。トークや演出が苦手な選手も多いでしょうから。

一方でキャラクターが受けて親しみや憧れとして受け止められてそれがファンサービスになっている(結果、その選手・その競技に注目、人が集まる)ということもあります。そういう意味では亀田選手、特に長男の興毅選手は若いのに大したもんだなと思います。
以前、プロボクシングが人気がなくなってきていて危機感を感じているようなことを亀田興毅選手が話しているのを聞いたことがあります。強いだけでじゃダメ(もちろん強くないとダケド。)、パフォーマンスも含めてボクシング人気を復興させたいと考えた上での行動なのではないかと思うのです。

軽量級は亀田3兄弟のおかげで注目が集まっているのは間違いありません。ほんとに興味が無い人ならバッシングすらする気も起きないですからね。生まれ持ったキャラもうまく活かしつつ亀田興毅選手の作戦(?)が功を奏しているのではと思いますよ。

そして、試合が面白くないということについて。
これについては亀田選手が一番わかっているのではないかと思います。上記の件とは全く別のことですね。
人一倍練習して、考えて、悩んでいるのだと思います。見てる人ならわかると思いますが、普段の言動とは打って変わって試合運びはいたってオーソドックスな地味な戦いですよね。確かに面白くないです。

おそらく、格闘技ファンとしては勝つときも負ける時も例えばブンブン振り回して突っ込んでいく一か八かみたいな戦い方をする選手のほうが勝っても負けても感動を呼び、ファンが付きやすいのだと思います。亀田選手は堅い戦い方をするので素人が見ても正直つまらないんです。

でも、リングで殴られる恐怖感なんて素人には絶対にわかりません。
ファンなんてほんと勝手ですからね。競馬場の騎手に対する野次なんて半端ないですよ。亀田選手は戦い方や結果に対する意見には人一倍真摯に受け止めているのではないでしょうか。

僕も(自分勝手な)いち格闘技ファンとして、「次こそは頼むぞ!(勝っても負けても面白い感動的な試合を!)」っと試合が終わるごとに亀田選手に対して思っています。

やっぱり注目はしてしまいますね。「ファン・・」なのかなー・・・。

コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

運営者について

【運営者】 humihumi
【連絡先】 humihumi@infoseek.jp

【プライバシーポリシー】
当ブログでは、第三者配信による広告サービスを利用し、ユーザー様が閲覧する他のサイト(Adsense広告のあるサイト、YouTube)の状況に応じて、興味のある広告を配信しています。

そのため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。

このプロセスの詳細はこちらをご覧ください。

当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用されないようにする方法については、こちらをクリックし、設定変更をお願いします。(英語サイト)

詳しくは、Adsense広告の、公式プライバシーポリシーをご覧ください。
http://www.google.com/intl/ja/privacy.html

コメント(0) 

- |2013年11月 |2013年12月 ブログトップ
Copyright © 日々雑感 All Rights Reserved.

Designed by af5

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。